社会人
基礎力の強化
専門スキルの
習得

を個人のパフォーマンスと定義して、
そのスキルを化、 させることで、

従業員の する
スキルマネジメントシステムです。

組織の成長を最大化するためには、社員の育成環境を整えることが重要です。スキルの見える化と習慣化こそ、社員の成長と自社の利益を最大化するセンターピンだと考えています。スキルマネジメントで社員の生産性を最大化します。

こんな課題は skilltyします

  • 離職率が高く
    採用コストがかかる…
  • 従業員のスキルUPが
    うまくいかなく
    単金も上がらない…
  • マネジメント施策が増え
    生産性が低下している
  • 採用やマネジメント
    コストばかりかかり
    利益が出ない

skilltyを導入することで私たちの会社でも費用をかけずに組織をマネジメントでき、様々な問題を解決してきました。
ここでは実例とともにスキルティが叶える4つのことをご紹介します!

社員満足度はNo.1で離職率は10%以下に 社員満足度はNo.1で
離職率は10%以下に

従業員が習得すべくスキルとキャリアビジョンが明確になり成長と自律性が向上。
自社への貢献意欲や愛着度(=エンゲージメント)も高まり、離職率が大幅に減少しました。

エンゲージメントに関する調査(2021年12月)より(スコア偏差値71.5)
実施委託先:リンクアンドモチベーション(同業種同規模)
※ネットビジョンシステムズ株式会社様の事例

技術力など専門スキルが劇的に向上 技術力など専門スキルが
劇的に向上

社会人基礎力の強化で従業員の多くが資格勉強や技術鍛錬に励む組織になりました。CCNAの資格取得者は95%を超えます。

社内研修実績(2021年4月)より
※ネットビジョンシステムズ株式会社様の事例

マネジメント工数を大幅に削減でき、生産性UP マネジメント工数を
大幅に削減でき、生産性UP

メンバーのキャリアを一人一人考えたり、成長度合いを細かく確認する必要がなくなるため、上司への負荷が下がります。

コロナ禍の逆境の中でも社会人基礎力強化で売上UP コロナ禍の逆境の中でも
社会人基礎力強化で売上UP

オンラインでも容易にマネジメントが可能。社会人基礎力、専門スキル向上によりお客様の単価が向上して、売上もUpしました!

社会人基礎力とは?
前に踏み出す力
考え抜く力
チームで働く力

社会人基礎力とは、経済産業省によって定められている「初期に身につけておく必要がある、社会人としての基礎スキル」のことです。「前に踏み出す力 (= 一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力)」、「考え抜く力 (= 疑問を持ち、考え抜く力」、「チームで働く力(= 多様な人々とともに、目標に向けて協力する力)」という3つの能力と12の能力要素から構成されています。

各種マネジメントと成長定着率の位置づけ

KPIマネジメント

目標を達成するために必要なプロセスを数値目標として、 その達成を管理する手法であるが、目標を達成するトップパフォーマーのみ評価され、 他の社員は放置される傾向。

トップ社員のみ成長UP
人事採用コストが高い
離職率が高い
心理的安全性が低い
社員の
成長と定着率の
両立が可能!!

スキルマネジメント

従業員の習得スキルと会社の方向性を擦り合わせ、 セルフマネジメントで自律的にキャリアを形成推進する社員目線の手法です。

離職率が改善
社員のスキルアップ
増収増益体質な組織
心理的安全性が高い
成長
定着率

ハンズオフマネジメント

社員に大きなイニシアチブと権限を与える一方、関与があまりに弱いため介入が必要な時に何もできず、社員はハシゴを外されたような気持ちになり、離職につながります。

離職率が高い
社員の成長の鈍化
将来が危うい組織
心理的安全性が低い

タレントマネジメント

従業員がもつ情報を一元管理して、組織横断的に戦略的な人材配置や人材開発を行う手法であるが、 トップダウン式で主体的な成長が望めない。

離職率が改善
社員の成長の鈍化
マネージャ陣の疲弊過多
心理的安全性が高い

社員の成長と定着率の両立は社員目線のスキルマネジメントで可能です!!

各種マネジメントと成長定着率の位置づけ

ハンズオフマネジメント

社員に大きなイニシアチブと権限を与える一方、関与があまりに弱いため介入が必要な時に何もできず、社員はハシゴを外されたような気持ちになり、離職につながります。

離職率が高い
社員の成長の鈍化
将来が危うい組織
心理的安全性が低い

KPIマネジメント

目標を達成するために必要なプロセスを数値目標として、 その達成を管理する手法であるが、目標を達成するトップパフォーマーのみ評価され、 他の社員は放置される傾向。

トップ社員のみ成長UP
人事採用コストが高い
離職率が高い
心理的安全性が低い

タレントマネジメント

従業員がもつ情報を一元管理して、組織横断的に戦略的な人材配置や人材開発を行う手法であるが、 トップダウン式で主体的な成長が望めない。

離職率が改善
社員の成長の鈍化
マネージャ陣の疲弊過多
心理的安全性が高い

スキルマネジメント

従業員の習得スキルと会社の方向性を擦り合わせ、 セルフマネジメントで自律的にキャリアを形成推進する社員目線の手法です。

離職率が改善
社員のスキルアップ
増収増益体質な組織
心理的安全性が高い

社員の成長と定着率の両立は社員目線のスキルマネジメントで可能です!!

PDCAを回すと工数をかけずに
社会人基礎力専門スキル向上が可能

1 Plan(目標設定)

「社会人基礎力」をどのように向上させていくか、その先にある目指すべき姿を定める

2 Do(目標設定)

身に付けたい「社会人基礎力」を絞って、実際の業務で実践しながら、身に付けていく

3 Check(進歩管理)

自分の行動を頻度高く古帰り、どれくらい「社会人基礎力」を実践し、成長できたかを確認する

4 Action(行動修正)

進歩が悪い場合は、その原因を分析し、実行する(※場合によっては周囲からサポートを受ける)

skilltyサービスポイント

Plan SERVICE POINT01 成長の方向性が明確

Plan(目標設定)のポイントは 成長の可視化 です。『skillty』では、「社会人基礎力」をレベルごとに設定しているため何のスキルを、どの順番で習得していけば良いかが明確です。

Do SERVICE POINT02 行うべきアクションが簡単

Do(実行促進)のポイントは 行動の具体化です。
『skillty』では、「社会人基礎力」を身につけるために必要なことを具体的なアクションにしており、簡単に実行することができます。

Check SERVICE POINT03 週次の振り返りが必須

Check (進捗確認)のポイントは 確認の習慣化 です。『skillty』では、実際の業務行動を振り返る機会を週次で設けているため、“やりっぱなし” の状態を防ぐことができます。

Action SERVICE POINT04 課題発見・対応が
即時で可能

Action (行動修正)のポイントは 対応の最適化 です。『skillty』では、アクションの実行/進捗度合いが一覧化されるため離職リスク/成長課題が明確になり、即時に最適な対応が可能です。

FLOW サービス提供の流れ

01

要件定義・システム反映

スキルマップの要件を定め、「skillty」のシステムに反映します。

02

マネージャー向け共有会

マネージャーの方向けに「skillty」の使い方・注意点を共有します。

03

現場社員向け説明会

現場社員の方向けに「skillty」の使い方について説明します。

04

「skillty」の運用

実際に「skillty」を各現場で運用していただきます。

05

運用フォロー(活用サポート)

必要に応じて、運用フォローミーティングを実施し、
活用をサポートします。

で定めたスキルマップを、より有効に活用するためには、
「日報」「週報」などの
業務報告システム人事評価制度 との連携が必要です

業務報告システム

単に振り返るだけでなく、週次で目標を設定し、その進捗の結果や内省を行うことができるため、成長スピードが上がります

人事評価制度

スキルマップに紐づいて評価を行うことができます。成長することが、そのまま評価につながるため、社員のモチベーションが上がります

PRICE サービスご利用料金

スキルティ
スタンダード

初期費用
80万円(税別)

最低契約期間1年
最低利用アカウント数30
1名1,100円(税別)/月
ご利用システム
  • スキルマネジメントシステム
オススメ!!

スキルティ
プラス

初期費用

100万円(税別)

最低契約期間1年
最低利用アカウント数30
1名1,300円(税別)/月
ご利用システム
  • スキルマネジメントシステム
  • スキルラーニング

スキルティ
最強PDCAパック

初期費用

120万円(税別)

最低契約期間1年
最低利用アカウント数30
1名1,500円(税別)/月
ご利用システム
  • スキルマネジメントシステム
  • スキルラーニング
  • 人事評価システム

FAQ よくあるご質問

ご発注から1〜2ヶ月程度を想定しております。

従業員数10名以下の企業から、10,000名を超える企業まで規模の大小を問わずご活用可能です。
創業から早期の導入が効果は抜群です。

SESに特化した弊社標準のものを予めご用意させていただいてます。
スキル追加のご要望があれば初期の要件定義にて反映可能でございます。
ご利用中のスキル追加について、現在、管理者画面で追加できるようカスタイムズ中でございます。

自己申告だけでなく上長のチェック機能が実装されてます。
さらに、顧客満足度アンケートとの突合せにより、本人からの虚偽申請を抑止できます。
上長、顧客との評価と乖離があった場合に詳細なヒアリングをして申告内容の精度を改善することを推奨しております。

CLIENTS

お問い合わせはこちら