1. 【NVS社員インタビュー#10】キャリアプランを見つめなおし「挑戦できる会社」へ転職しました。開発エンジニアHさん✨

社員インタビュー

【NVS社員インタビュー#10】キャリアプランを見つめなおし「挑戦できる会社」へ転職しました。開発エンジニアHさん✨

NVS採用担当

176PV

2020.09.01(Tue)

こんにちは!
NVS(ネットビジョンシステムズ) 人事の岡田です。

現在人事部では、NVSで活躍する社員をオンラインインタビューしております。
そろそろプロフェッショナルエンジニアやマネージャーのお話も伺いたい…ということで、
今回はキャリア採用で入社されたお二人にインタビューをさせて頂きました!!
(第5回座談会インタビュー[ 7月某日実施]:
開発エンジニアのHさん、ネットワークエンジニアのHさん…ダブルHさんにご協力頂きました。
ご協力ありがとうございました!! )

社員インタビュー#10では、
少数精鋭、群馬支店のリーダー✨開発エンジニア Hさんの紹介をします✨

1.NVSに入社した理由は?

人事:Hさんはリファラル・キャリア採用で入社されていると思いますが…
NVSへ入社された理由について教えて下さい!

Hさん:NVSの社員のTさんからお誘いをいただいたことが、NVSを知ったきっかけになります。
当時の職場との調整等もあり、入社するまでに数年かかりましたが…笑
その間に社長とも何度かお話をする機会を頂いて、
お話をさせて頂く中で会社の雰囲気がとても良いなと感じました。

人事:なるほど。挑戦という理由が大きかったですか?

Hさん:そうですね。紹介いただいたTさんと社長の人柄もよくて、
自分のやりたいことが挑戦できる会社だと思い、 NVSに入社を決めました。

★実際にNVSに入社してみて良かったことを 教えて下さい!

Hさん:結果だけでなく過程も評価する評価制度があったのは良かったなと思います。
以前勤めていた会社には評価制度がなかったので…
自分だけでなく部下の成長していく過程を意識して見ることができる、
そうした環境で働けるのが良かった所ですね。

2.働いていて、どんなときにやりがいを感じる?

人事:Hさんは開発エンジニアとしてのご活躍はもちろん、
マネジメントでもご活躍されていますよね。
どんなときに仕事のやりがいを感じられますか?

Hさん:開発業務では、お客様の注文に対して製品を作って
実際に使って頂けることにやりがいを感じます。
また色々なパターンの製品開発に携われるという面でも面白さを感じます。

マネジメントについては、マネジメントが元々やりたいことの一つだったこともありますが、
メンバーを動かしたりメンバーのために動いたり、
チームとして考えて行動することの難しさと楽しさを感じています。
その行動の結果が数字で見えるのが面白いですね。

人事:前職ではマネジメントはされなかったのですか?

Hさん:前職ではほぼないですね。個人プレーでした。

人事:全くそんな風にみえませんね…マネジメントをサクサクできる秘訣はズバリ何でしょうか?
何か元々リーダーのようなご経験がどこかでありましたか?

Hさん:遡ると…そうかもしれませんね。笑
元々中学・高校と学級代表、学年代表などの「長」がつくものを経験してきたので、感覚的に身についているのかもしれません。

人事:学生時代から周囲をリードしていく存在だったんですね!

Hさん:リードする…というよりは、
はみ出てしまう方がいないようにすることを心掛けていました。

人事:なるほど…
引っ張っていくというよりは、
チームの和を守っていくようなリーダーをされていたのですね!

3.好きな行動指針(NVS10ヶ条)は?

Hさん:いまは3条を意識することが多いですね。

3 当たり前のことを本気で行い、その積み重ねで信頼と信用を築きます

人事:3条ですか?!Hさんにとって普段からやられていることでは…?

Hさん:いやいや、そんなことないです…。最近、当たり前のことが抜けてしまいがちなので。
もともと1個1個確認するような作業が苦手なので、自分の中では課題になっていますね。
3条だけを意識するというよりは、他の10ヶ条も繋げて考えるようにしています。
3~7条あたりを今は意識して取り組んでいます。

人事:10ヶ条を個別で考えるのではなく、つなげて考えていらっしゃるのですね!
勉強になります…!

4.理念を実感するのはどんなとき?

Hさん:縦の繋がりで考えると、
評価制度や週報に【理念】がしっかりと当てはまっていると思います。

評価制度ですと、1対1で終わるのではなく、
被評価者の1に対して1次評価者、2次評価者が評価する体制ができているという所ですね。
週報については、評価者だけでなく社長や常務も社員の週報を確認している所に理念を感じます。

横のつながりでは、理念に共感して入社している人が多いので、TRS(タミヤロボットスクール)等の新規事業にも協力的な社員がいて、そうした所に「和」を感じます。

人事:たしかにそうですね!
TRS(タミヤロボットスクール)事業部に所属する社員も非常に多いですよね。
若手社員が発案したイベントに対して多くの社員が積極的・協力的に参加するような社風がありますよね!

5.会社の社風を3つにまとめると?

Hさん:そうですね~。

「温良恭倹 」「アクティブ」「コツコツ」

ですかね。

人事:温良恭倹?すみません…どのような意味か教えていただいてもよろしいでしょうか…?

Hさん:「温良恭倹」は、おだやかで素直で、人を敬う、謙虚という意味です。
社長や役職者の方についても全く威張っている方がいないところが
会社全体の雰囲気にも反映されているなと思います。

入社してから他の社員の方とも関わってきた中での印象になりますが、
NVSには天狗になっている人が全くいないですね。
謙虚という言葉で表すのはなんか違うかなと思ったので、この言葉にしました。

人事:「アクティブ」「コツコツ」については如何でしょうか?

Hさん:日々色々挑戦しているというか…そこに留まらないイメージがあるので「アクティブ」。
急激に伸びるより一個ずつ積み上げていくイメージがあるので「コツコツ」を選びました。
「和をもって成長となす」は在り来たりかなと思いましたので外しました。笑

6.趣味は?

Hさん:趣味ですか。今はまっているものでもいいですか?

人事:もちろんです!

Hさん:それなら私はコレですね。「TOUGH」というグミです。

人事:え、なんですかそのグミ!

Hさん:硬い弾力性のあるグミです。
ガムから探し始めて…たどり着いたのがTOUGHグミになります。
コーラ、エナジードリンク、梅などの種類があります!

人事:え~初めて知りました!今度買ってみます♪

7.人生最大の危機は?

人事:人生最良の瞬間…あるいは人生最大の危機があれば教えてください。

Hさん:人生最大の危機にします。笑
大学卒業後ひとり暮らしをした時の話になりますが、当時住んでいた家のお風呂のドアノブが古くなっていて外からしか開かないようなドアで、普段から少し開けておくようにしていたのですが間違えて閉めてしまったんですよね…。

人事:え…!閉じ込められてしまったのですか!
その後、Hさんはどうされたのですか…?

Hさん:当時はとても焦りましたね…笑
誰にも気付かれなかったら、終わる…思いっきりドアを蹴ったりしていましたが、全く開かず…絶望的でした。ドアを蹴ったりした後、冷静になりドアノブを一度ゆっくり回してみたら、なぜか開き無事に脱出することができました!笑

人事:Hさんが無事に脱出されて良かったです!
…ちなみに最良の瞬間はお子様が生まれた瞬間でしょうか!

Hさん:そうですね。子供が生まれた瞬間ですね!

人事:Hさんからはプライベートと仕事風景の写真を提供いただきましたが
パパの顔と仕事の顔が映っていて素敵だな~と思いました!!
Hさん:そうですか?笑 ありがとうございます。

★最後に今後のキャリアビジョンや考えについて 教えて下さい!

Hさん:SESからは離れていますが…
今後のキャリアプランとして開発の方で基盤を固めつつ、
自社製品をつくって会社の利益に繋げられればと思っています!


人事:Hさんご協力いただきありがとうございました!
色々なお話が伺えてとても勉強になりました。

NVSには、まだまだ多くのユニークで素敵な社員が在籍しております ♪

入社理由、仕事のやりがい、十人十色なインタビューになるかと思います!
NVSの会社や社員の雰囲気を、皆様へお伝えできれば幸いです。

週1ペースで今後も社員紹介をお届けできたら…と思っておりますので
ぜひ読んでいただけると嬉しいです!

=========================
最後までお付き合いいただきありがとうございます!

今後もNVSのことや業界のことを色々発信していく予定ですので、
引き続きよろしくお願いいたします。

この記事を読んでくださった 皆様に
NVSやネットワークエンジニアへの興味をもっていただければ、幸いです。


【アンケートのお願い】
※アンケートは匿名でご回答いただけます※
★記事リクエストアンケート★

ぜひ皆さまの「知りたい」「興味のある」ことについて教えていただけると幸いです!
記事リクエストお待ちしております!

  • ネットビジョンシステムズ株式会社

    「ビジョナリー カンパニーを目指して」
    NVSは通信インフラ設備に特化し、企業様のネットワーク設計、構築、運用、保守サービスを提供するネットワークインテグレータです。
    ITインフラは社会インフラ、それを支える使命感を持って成長し続けます。