1. 【NVS社員インタビュー#24】「発想の転換!仕事が嫌だったことがない」仕事を楽しい!にシフトする、Sさん✨

社員インタビュー

【NVS社員インタビュー#24】「発想の転換!仕事が嫌だったことがない」仕事を楽しい!にシフトする、Sさん✨

NVS広報担当

225PV

2021.05.14(Fri)

こんにちは!
NVS(ネットビジョンシステムズ) の坂田です。

現在NVSでは、様々な現場で活躍する社員をオンラインインタビューしております。


社員インタビュー#24では、ヘルプデスクで確かな評価をいただいている、洋服大好き!
スタイリッシュな社員のSさんを、ご紹介しましょう✨

1.NVSをえらんだ理由は?

Sさん:「未経験者でも大丈夫」「研修もある」という所が一番の理由でした。

広報:新人育成のための、サポート体制が整ってますよね!

Sさん:整ってましたね。
他の会社は、未経験なのに資格がなきゃダメとか、実務経験何年じゃないとダメとか。

広報:実務経験は、入社しなきゃ積めないですものね。

Sさん:そこが結構ハードル高いなぁと思って。
まず経験者じゃないと、面接も行けないような感じだったので。

無資格で未経験OKという企業が本当に少なくて。
NVSは、唯一研修があって新人にも優しい雰囲気でした。


広報:新人をスタートラインに立たせてくれる会社、ですか?

Sさん:そうですね!

2.働いていてやりがいを感じる瞬間は?

Sさん:私は、現場で評価された時かな。

広報:現場で評価されました?

Sさん:はい、されましたね。
ユーザーさんから「やってもられてよかった」とか、「仕事ですごい困ってたから、助かった」とか。 直接お礼を言われたり。結果を見てもらって、ちゃんと評価をいただいた時に感じますね。

広報:それは、嬉しいでしょうね。

Sさん:はい。今所属している部署は、対応した件数がグラフにして表示されるんですよ。誰が何件、障害対応をしたとか。目に見える化されているんです。
だから、何件問い合わせがきて、誰が対応したか? っていうのも一目で見れたりとか。

広報:スゴイですね!

Sさん:なので、結果を見てもらって「一番よく頑張ってるね」とか、「皆のお手本になるように、こういう風にしてもらっていい?」なんて優しい言葉をいただくと、やってよかったな〜って思いますね。

3.好きな行動指針(NVS10ヶ条)は?

Sさん:私は3条です。
『当たり前のことを本気で行い、その積み重ねで信頼と信用を築きます。』っていうのですかね。

広報:第3条を選んだ理由は、何でしょう?

Sさん:当たり前のことって、当たり前にできなかったり。
意識しないと、意外とできなかったりするじゃないですか?
慣れるとミスも出ますし。

広報:そうですね...。

Sさん:信頼とか信用って、簡単に築かれるものではないので。
現場の人とのコミュニケーションや、仕事の片付け方も、ちいさな約束を積み上げることで、信頼されるようになるんだなあって思うんです。
当たり前の約束を、毎回毎回しっかり守って。 『その積み重ねで、信頼と信用を築きます』これって本当に、大事ですよね。

広報:大事ですね。あ、今の話で思い出したんですけど
以前、後輩に相談されたことがあって。
「挨拶をしてくれない先輩がいる」みたいな話なんですけど。

Sさん:はい。

広報:どんなに仕事ができても。ただ『挨拶しない』っていうだけで、信頼とか、関係って一気にガラガラと崩れてしまうものなんだなあって。

Sさん:そうですね。けっこう小さな事ですけど、
礼儀がないと、信頼ってあっという間になくなってしまいますもんね。
お客さんのところで働く時は、意識して大切にしたいなって思います。

4.NVS10ヶ条、素直さと謙虚な心を忘れずに

Sさん:でも、第10条『素直さと謙虚な心を忘れずに感謝の気持ちを表現します』も大事だと、仕事の現場に出てみて改めて思ったんですよ。
「意外とみんな謙虚じゃないな」って。
「もうちょっと、素直に謝ったり。なにか言えばいいのにな」とか(笑)。
たとえば明らかに自分が悪いのに、素直に謝らない人なんかは、見ていても不快ですもんね。

広報:確かに...。

Sさん:逆に、現場で私が謝ったことがあったんですけど。
「そんなふうに謝らなくていいんだよ」って、ビックリされたんですよ。
自分が悪かった時に謝るのは、割と普通だと思ってたから私も驚いて。
多分そういう自分のミスとか、反省すべき点を、とにかく謝らない人って多いんだなって感じたんです。

でも、そういう事をリアルに行動で示してみたら、喜ばれたんです。
コミュニケーションの方法として大切にする方が、今後の自分的にいいのかなって
ふつう大人って謝らない人、多いじゃないですか。

広報:(笑)

Sさん:多くの人は謝らないし、認めない。
感謝してるのかも、分からない人が多いと思うので。
自分はたとえ出世して、後輩ができたとしても。
礼儀、謙虚さ、素直さを大事にしていきたいと思います。


広報:確かに。言葉にしないと伝わらないですしね。
なんだか私が、勉強になりました。ありがとうございます!
Sさんと一緒に働きたいなって、いま思いました(笑)

5.理念を実感するのはどんなとき?

Sさん:皆、誰かがアクションしたら、それに応えてる気はしますよね。
皆めちゃめちゃ意識してるなって、思います。

広報:(笑)

Sさん:皆「仲よくしようね」ってタイプですよね。
新しい子が入ってきたら、アクション何かしら起こすじゃないですか。

広報:チャットで「よろしくお願いします!」みたいな。

Sさん:そうそう(笑)。
あと資格取得するときも、勉強会を開催したりとか。
みんな資格取ったら「自分は、こういう風に勉強して受かったよー」とか、やってるじゃないですか。


広報:情報共有してますね。

Sさん:みんな情報シェアしてるな〜と思ったら、お互いWin-Winになってるし。 あれって人材教育とか、そういうのに繋がってるんじゃないかなって思います。
自分の実感というよりは、客観的に見ていて強く感じたかもしれません。

6.会社の社風を3つにまとめると?

Sさん:社風を3つですか。
「まじめ」「親切」あと「勉強を頑張ってる人が多い」

広報:本当に、頑張っている人多いですよね。

Sさん:ですね。

広報:真面目については、どこかで感じる瞬間がありましたか?

Sさん:はい。自分が資格取得するために、会社に行って勉強する期間があったんですけど。1カ月くらいかな?
皆、すごい...堅いというか、マジメな印象を受けました。
もうちょっと、ユルイ部分があってもいいのかなとも思います(笑)。
良くも悪くも「真面目」なので。

7.趣味はありますか?

Sさん:最近は行けてないけど、旅行と買い物ですね。
お出かけするのが好きなので。でも外に行けないから、ストレス発散に服を買いたいんですけど
そんなプライベートな服を着ないから、何を買ったらいいのかって悩みます(笑)

広報:確かに(笑)。

Sさん:仕事に着て行く服なんですけど、基本的に毎日かぶらないコーデで行くんですよ。
いつも好きな服を着て、モチベ上げて仕事するみたいな。
広報:すごいですね!

Sさん:朝から気持ちを上げたくて、暗い色の服じゃなく、明るい色の服を着て。
自分のテンションを上げて仕事をこなす。で、早く帰るみたいな。

広報:いいルーティーンですよね!

Sさん:ですね。毎日、なにかしら自分で『楽しみ』を決めたくて。
モチベを上げて、仕事に行きたいから。
例えばなんですけど、「この洋服を着るために仕事行こう」みたいな(笑)。

広報:いいですね、その考え方!

Sさん:「仕事をするために会社に行く」じゃなくて、「服を着るために仕事に行く」。
そんな考え方で生きていけたら、仕事がそんなに嫌じゃなくなるというか、辛くないから。

例えば「新しいバッグを買ったから、それを持って会社に行こう!」とか。
日々の『楽しいコト』を、自分で自分に企画してあげる。
私の場合は、自然にそんな感じで『楽しい』にシフトしていくことが多いです。

広報:いや、すごいです。

Sさん:だから、あんまり仕事がイヤだった事ないです。

広報:おお、カッコイイ!

Sさん:ありがとうございます。

広報:結論。Sさんは、考え方もおしゃれな方です!ありがとうございました!

8.ありがとうございました!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

入社理由、仕事のやりがい、十人十色なインタビューになるかと思います!
NVSの会社や社員の雰囲気を、皆様へお伝えできれば幸いです。

今後も社員紹介をお届けできたら……と思っておりますので
ぜひ、読んでいただけたら、嬉しいです!

=================================

今後もNVSのことや、業界のことを色々発信していく予定ですので、
引き続きよろしくお願いいたします。

この記事を読んでくださった 皆様に
NVSやネットワークエンジニアへの興味をもっていただければ、幸いです。

  • ネットビジョンシステムズ株式会社

    「ビジョナリー カンパニーを目指して」
    NVSは通信インフラ設備に特化し、企業様のネットワーク設計、構築、運用、保守サービスを提供するネットワークインテグレータです。
    ITインフラは社会インフラ、それを支える使命感を持って成長し続けます。