1. 【最前線で活躍中!】NVSのエンジニア社員がおすすめする技術書

社員コラム

【最前線で活躍中!】NVSのエンジニア社員がおすすめする技術書

NVS広報担当

25PV

2021.04.30(Fri)

こんにちは!
NVS(ネットビジョンシステムズ) の坂田です。
今回の記事は、「ネットワーク技術に関する参考書や技術書ってたくさんあるし、どれから読もうか迷う...」という方、必見。
NWの現場で活躍するエンジニア社員がおすすめする技術書をご紹介します!

実際に読んだ感想も掲載しているので、ご購入の参考にお役立ていただけたら幸いです。




紹介してくれるエンジニア社員について

エンジニア社員 Yさん

・未経験からエンジニアへ転職
・現在は、NW現場で活躍しながら、人材育成を役割とする人材開発室も兼任し、頼もしい先輩としても活躍中
・好きなNVS10ヶ条(※)は「第10条:素直さと謙虚な心を忘れずに感謝の気持ちを表現します」

■社員インタビュー記事:【NVS社員インタビュー#14】 「えっ!?本当に!?」入社理由に驚きの社長エピソードを語ってくれたYさん✨




エンジニア社員 Kさん

・ITスクール経由でNVSに入社
・NW現場で活躍しプロジェクトメンバーからは、大きな信頼を寄せられており、入社18か月で主任に昇格
・好きなNVS10ヶ条(※)は「第1条:お客様の成功に、責任をもって全力を尽くします」

■社員インタビュー記事:【NVS社員インタビュー#14】 「えっ!?本当に!?」入社理由に驚きの社長エピソードを語ってくれたYさん✨



※NVS10ヶ条とは、弊社の掲げる行動指針です。

『インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門』 みやたひろし著/SBクリエイティブ株式会社

■紹介者■ エンジニア社員 Yさん

ネットワーク構築においては、構築、運用などのフェーズがありますが、その前提となる基本設計について、ポイントや関連技術をまとめた技術書になります。

一般的にネットワーク構築は、「要件定義」→「基本設計」→「詳細設計」→「構築」→「試験」→「運用」の6つのフェーズで構成されています。
本書では2つ目の基本設計に重点をおいて各設計項目で必要な技術と設計ポイントが説明されています。

ネットワークエンジニアではない人でも読めるような内容になっているため、VLAN、冗長化、仮想化など基礎技術から復習したい人にもおすすめです。
また、構成例など図表の数が多いのでとてもイメージしやすいです。

著者のみやたひろしさんは、設計、構築から運用に至るまで、ネットワークに関連する業務を全般的に行ってきたそうで、実務の経験で得られる知見も多く書かかれているため、実務でも役に立つかと思います。
私は現在ネットワーク設計の案件に携わっているので、設計における観点や全体の流れについて理解できてとても参考になりました。

興味のある方はぜひ読んでみてください!



インフラ/ネットワークエンジニアのためのネットワーク技術&設計入門 第2版(みやたひろし(著)/SBクリエイティブ)

『パケットキャプチャの教科書』 みやたひろし著/SBクリエイティブ株式会社

■紹介者■ エンジニア社員 Kさん

本書は、各レイヤーごとのネットワークの仕組みが解説されています。
インターネットなどTCP/IPネットワークで通信を行う際に、データはIPによって分割され、この分割されたデータのことをパケットと呼びます。
このパケットについて、WireSharkというパケットを可視化するパケットキャプチャツールを用いて、各レイヤーごとの通信の流れを理解することができます。
特に運用・構築を担当する方は、各種試験やネットワークが繋がらないときのトラブルシューティングでとても役立ちます。
私の現場での使用例ですが、過去、構築後にHTTPSだけが繋がらずパケットキャプチャを取得したところSSLペイロードの中にSNIヘッダが無く、通信ができていないことを確認しております。

本書は、図表が6割程度、文字が4割程度の構成で作られており、初めてパケットキャプチャを実践するという方でも大変読みやすい内容になってます。
構成は、パケットキャプチャの流れ、WireSharkの使い方、各レイヤーの3部構成となっています。
パケットキャプチャの流れでは、パケットキャプチャを行うための準備(レイヤ1の設定)や実際に運用フェーズで使用されるケースについて解説されています。
WireSharkの使い方は、実際のツールの使用方法や取得したパケットのフィルター、見やすくするための整理する作法について実際のツールの写真を用いて説明されています。
各レイヤーは、各々のネットワークの詳しい仕組みと実際のパケットの内容について解説されています。
例えば、データ通信を開始する前にARPで宛先MACアドレスを解決しますが、実際にWireShark上でどのように可視化されるか写真付きで解説されています。

また、用語について詳しく解説されていますので、最終ページの索引を使って見返すことで内容を見返すことも容易にできますので、忘れてしまった内容についてもすぐに学習することができます。



パケットキャプチャの教科書 (Informatics&IDEA)(みやた ひろし(著)/SBクリエイティブ)

=========================

現在、IT業界は人材不足の課題を抱えています。
第4インフラのネットワークを支えるネットワークエンジニアを育て輩出し続けることが
NVSのビジョンです!

NVSには業界未経験で入社し、エンジニアとして活躍する社員が多く在籍しております。
研修の講師もエンジニアなので、技術面のサポートにも力を入れております。

未経験からでも学習欲があれば活躍できるのがネットワークエンジニアだと思っています。
NVSで一緒にネットワークエンジニアとして成長しませんか?

=========================

長々としてしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうございます!

この記事を読んでくださった みなさまに
NVSやネットワークエンジニアへの興味をもっていただければ、幸いです。

  • ネットビジョンシステムズ株式会社

    「ビジョナリー カンパニーを目指して」
    NVSは通信インフラ設備に特化し、企業様のネットワーク設計、構築、運用、保守サービスを提供するネットワークインテグレータです。
    ITインフラは社会インフラ、それを支える使命感を持って成長し続けます。