1. 【NVS社員インタビュー#55】主任を目指そうと思ったのは入社前から✨意欲向上の高いエンジニアのTさん!

社員インタビュー

【NVS社員インタビュー#55】主任を目指そうと思ったのは入社前から✨意欲向上の高いエンジニアのTさん!

NVS広報担当

154PV

2022.11.29(Tue)

こんにちは!
NVS(ネットビジョンシステムズ) 広報部です。

現在NVSでは、様々な現場で活躍する社員をオンラインインタビューしております。

今回は、主任を目指そうと思ったのは入社前から✨意欲向上の高いエンジニアのTさんをご紹介しましょう!

■社員インタビュー記事 一覧■
ネットビジョンシステムズ株式会社 ブログ一覧(社員インタビュー)

NVSをえらんだ理由は?

Tさん:元々前職でフィットネスクラブの運営やトレーナーを3年半程やっていましたが、コロナの影響で事業縮小が起きてしまい…このまま続けていくのは厳しいと思い転職を考えました。

次はどんな状況でも安定してできる仕事がしたい!という想いで転職活動をしていたところ、IT業界が出てきました。IT業界を見ていく中で、最初は開発やWEBデザインも面白いかもと色々見ていましたが、NVSのHPやブログ、社員インタビューを見て、皆さん生き生きと仕事されているなという部分 研修制度など入る前からNVSの中身が見えてとても想像しやすかったのがNVSを選んだ大きな理由かなと思っています。

――ありがとうございます!入った後のギャップなどはありましたか?

Tさん:あまりギャップはないですね。
近しい人が同じ業界で働いていたので、どんな仕事をしているかなどはある程度予想はしていました。研修自体も付きっきりでやっていただいて、私は入社する前に何か勉強していたわけではないんですがギャップは感じませんでしたね。

研修後はどのようなことを経験しましたか?

Tさん:現在は航空会社や公共交通機関の保守運用の業務に携わっています。
フィットネスクラブのトレーナーようにお客様と直接コミュニケーションを取る機会や感謝の言葉を頂く場面はほとんど無いので、<やりがい>という部分については見えにくかったりイメージがしにくい仕事かと思いますが、自己成長を実感しながら働くことができるのがエンジニアの魅力だと思います。

特にプロジェクトに参画したての頃は、毎日新しいことが出てきて経験していくにつれて出来なかったことが1つずつクリアできるようになりました。 リーダーたちから「この障害対応は一人で受け持っていいよ」と言っていただけると目に見えて仕事ができるようになっているな、という感覚もありますね。

――いいですね!業務はチームで対応されますか?

Tさん:そうですね、基本的には2人1組でシフトに入ります。何か障害が起きた際に、私たちは障害の切り分け作業を行ないますので「●●が原因で~な障害が起きています」というのを調べてお伝えすることや作業統制などを業務として担当しています。

――作業統制もされているのですね。

Tさん:作業統制では、お客様先の保守員さんなど様々な方と連携を取る機会が多くあるので、1つの目的に向かって皆で解決する、という感覚がありますね。

――すごいですね!他の部署や企業の方とも連携して対応されているのですね。

Tさん:そうですね、そこの連携が上手くできないと障害とは別の問題が発生しやすい部分ではありますね。なので、電話やメールを行なう際は相手にわかりやすく伝えるように意識してやっています。

好きな行動指針(NVS10ヶ条)は?

Tさん:「第8条 仲間の成長を手助けした時に、自分も成長する」
これは特に、新しくチームに入ってきた方の業務指導を担当させていただいた時や、それこそ10月に主任に拝命いただいた際に、改めて実感しました。

評価や配下メンバーのマネジメントをするときに、ひとりひとり違う人間なのでそれぞれの良い部分などがあり、そうしたことを私は部下に伝えたり気付かせる立場だと思うのですが、本当に彼らからは、たくさん学ぶ機会が多いなと感じますね。

――Tさんがお話されていることわかる気がします。第8条は私も現場にいたとき、部下の子が入ってきたときに感じました。

社風を3つにまとめると?

Tさん:「団結」
さっきの8条とも繋がるのですが、私が「こういうことに挑戦してみたい!」と話をしたときに、周りの方たちが私がやりたいといったことに対して、 一致団結して一緒に挑戦してくれる環境があるなと思っています。 「あれやりたいです」「これやってみたいです」って自分から発信をすると、周りの皆さんが助けてくださるのが、NVSの素敵なところだなと思います。
主任の昇格試験にチャレンジした時も、同じ案件にいるNVS社員に「主任になりたいので助けてください!!」ってお願いをした所、たくさんの応援やサポートをいただいて…気付いたら主任になっていました(笑)

――(笑) でもTさんの力でもあるので!本当にその気持ちすごく分かります…社員の皆さんのサポート力素晴らしいですよね!

Tさん:「安心」
現場の仕事もそうですけど、自社の経営目標やどれくらいの利益を出しているのかという内部の情報を聞く機会が非常に多いなと感じます。
NVSは安定して未来のことを考えて経営し、社員のことを考えている会社だと思えるので、それが私の中では安心につながっているんです。働けないという不安を感じずに業務に集中できるというのはすごく嬉しいなと思っています。

「明瞭」
一般職の方たちに関しては、自分が会社の中でどういう風に成長していったらいいのかがすごく分かりやすい会社だと思っています。
特に10ヶ条だったり、主任や係長になるときは明確な基準が設けられているので、目指すものがすごくクリアで鮮明にわかる会社ですね。 私が思うNVSの1番のいいところはそこだと思います。エンジニアとして、または社会人として初めてやるにしても分かりやすくて明瞭な会社だと私は思っています。

主任を目指そうと思ったキッカケは?

Tさん: 主任を目指そうと思ったのは、実は入社前から…という感じですかね。元々、マネジメントをするのが好きなんです。前職でもお店のマネジメントや部下のマネジメントをすることに面白さ・やりがいを感じ、面接の時から役職者を目指したいと伝えていました。明確になったのは、同じプロジェクト先にお兄ちゃんのような存在の主任の方がいまして、この人のようになりたいと思い、本格的に目指すようになりました。

――試験に向けて何か努力されたことなどはありますか?

Tさん:主任の業務を知るということから始めましたね。どのようなことをやって、どういう能力が求められているのかなどですね。有難いことに、役職の方と働く機会が多かったので大変な点などお話を伺いました。

――昇格試験で印象に残っているエピソードはありますか?

Tさん:当日は社長とお話をさせていただいたのですが「どういう風になってほしい」と期待いただいていることをお伺いできたり、自分の今後のビジョンについてプレゼンをした際にアドバイスを直でいただけたことが印象深く、心にずしっと響きましたね。今後の課題など明確になったので挑戦してみてよかったなと思います。

最近ハマっている事、趣味はありますか?

Tさん: 趣味はゲームをずっとやっています。 今年の頭くらいにPCを買いまして、休みの日で外に出る用事がない時は、昼から8時間くらいPCゲームをずっとやっています。ただ、ゲーム自体は昔はそこまで好きではなかったんですけど、大人になってからハマるものは異常にハマるんだなって感じますね(笑)

変な言い方になるかもしれないですが、コロナでおうち時間が増えたことをきっかけにゲームを始めたという方も多いので、時代の移り変わりとともに、繋がるきっかけというのはいろんなところで出てきているんだなと感じますね。

――そうですね。ここ数年でゲーム人口がとても増えたと聞きますね。

Tさん:あとは、家で料理も作っています。

――お!すごい!得意料理は何ですか?

Tさん:得意料理はなんだろう…なんでも作りますが、韓国料理はよく作りますね。ヤンニョムチキンやチヂミだったり、韓国料理は元々好きなので、作れるものは何でも作ります。韓国料理は毎日食べていても飽きないです。

――いいですよね!私もキムチが好きで、毎日食べたいくらいです!

Tさん:キムチいいですね。実は今度作ろうかなと思っていますが、家の中がキムチの匂いで充満しそうなので悩み中です…(笑)

IT業界に就職したい方へ、メッセ―ジ!

Tさん:私はNVSが3社目になるんですが、IT業界って安定している業界だと思います。
業務に集中して自分のキャリアを作っていけたり、資格など自分自身のスキルが明確に示しやすい部分が多い業界なので、自分の頑張り次第でどこまででも自己成長していける業界だと思っています。なので、変なガッツは必要なく、 しっかり自分に時間を使っていければ成功できるのではないかなと思います。

コツコツできる人はものすごく向いていると思います。あとIT業界は学習する機会が多いので、インプットの習慣をつけておくといいかなと思います。自分の実力を人に認めてもらうためには、アウトプットする力も必要になりますので、まずはインプット・アウトプットのどちらかのスキルを自分のものにしておくと良いかもしれません。

私実は…

Tさん:そうした業界で働いた経験は無いのですが、実は、洋服を作っています!元々デザインや絵を描くことが好きで、それが高じて、自分が着たいものを探すよりも作った方が早いんじゃないか?と思い、デザインを描いて、業者に発注して自分の服を作っているので、ここ最近は服を買っていないですね。

――すごいですね!確かにTさんがフットサルに来た時にすごくおしゃれだったって皆さん言ってました!その時もご自身でデザインされた服だったんですか?

Tさん:そうですね。その時着ていたパーカーとかは自分がデザインしました。

――すごくB部長が褒めていました!

Tさん:本当ですか!(笑) ちょっと好きなスポーツの話になるんですが、小さいころからずっとソフトテニスをやっていまして今もクラブチームでやっているんですけど、そのチームのウェアのデザインとかも色々やっています。あとは、ウェルカムボードは最近よく頼まれますね。

――すごいです!センスの塊ですね!いつくらいから興味を持ち始めたんですか?

Tさん:服自体は中学生の時から興味があり好きでしたね。デザインを始めたのは社会人になってからで、そもそも絵を描くのは上手くなかったんです。でも、今は技術が進歩しているので、絵が上手じゃなくても時間をかければちゃんとしたものは作れますね。

――Tさんデザインの新作ができましたら、またぜひ見せてください!

Tさん:わかりました!またお見せしますね。

最後までありがとうございました!

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!

入社理由、仕事のやりがい、十人十色なインタビューになるかと思います!
NVSの会社や社員の雰囲気を、皆様へお伝えできれば幸いです。

今後も社員紹介をお届けできたら……と思っておりますので
ぜひ、読んでいただけたら、嬉しいです!

◤他の社員インタビュー記事はこちら
ネットビジョンシステムズ株式会社 ブログ一覧(社員インタビュー)

==================

現在、IT業界は人材不足の課題を抱えています。
第4インフラのネットワークを支えるネットワークエンジニアを育て輩出し続けることが
NVSのビジョンです!

NVSには業界未経験で入社し、エンジニアとして活躍する社員が多く在籍しております。
研修の講師もエンジニアなので、技術面のサポートにも力を入れております。

未経験からでも学習欲があれば活躍できるのがネットワークエンジニアだと思っています。
NVSで一緒にネットワークエンジニアとして成長しませんか?

==================

今後もNVSのことや、業界のことを色々発信していく予定ですので、
引き続きよろしくお願いいたします。

この記事を読んでくださった 皆様に
NVSやネットワークエンジニアへの興味をもっていただければ、幸いです。


【エントリーは こちら から】
説明会を随時開催しております。ぜひお気軽にご連絡ください。

▼学生/第二新卒 専用エントリーフォーム
新卒+:https://netvisionsystems.site/plus/

▼中途 専用エントリーフォーム
転職+:https://netvisionsystems.site/tenshokuplus/

  • ネットビジョンシステムズ株式会社

    「ビジョナリー カンパニーを目指して」
    NVSは通信インフラ設備に特化し、企業様のネットワーク設計、構築、運用、保守サービスを提供するネットワークインテグレータです。
    ITインフラは社会インフラ、それを支える使命感を持って成長し続けます。